ハワイ(ホノルル)現地時間
9/24(月)16:08
Vol.34 [2018/7/16-2018/10/14]
ハワイに住む表紙・ハワイのコンドミニアム徹底研究
 海側vs山側 高層vs低層 
 それぞれの言い分
・「自宅パーティー」もこれで安全
 出張シェフ&ケータリング
・大人の女性がリピートする
 セレクトショップ3選
・ビジネスの達人インタビュー
 【稲本 健一】バックナンバー集へ
編集部ブログ
2012.07.23

7月のホテル平均室料、稼働率ともに上昇傾向

7月8日の週のハワイのホテルの平均室料は9パーセント増、平均稼働率も上昇していたことがスミス・トラベル・リサーチ社とホスピタリティ・アドバイザーLLCの調べで分かった。

 7月8日~14日のハワイ州ホテルの一日あたりの平均室料は217.20ドルで、昨年の同時期に比べ9パーセント高かった。平均稼働率は、4.1ポイント増の82.4パーセントとなっている。

 島別に見た場合、最も伸びを見せたのはオアフ島のホテルで、平均室料は15.5パーセント増の200.69ドル、平均稼働率は7.7ポイント増の93.9パーセント。他島は以下の通りとなっている。カウアイ島:平均室料8.4パーセント増228.69ドル、平均稼働率2.8ポイント増73パーセント、マウイ島平均室料4.3パーセント増271.45ドル、平均稼働率0.9パーセント増73.6パーセント、ハワイ島:平均室料2.7パーセント減190.19ドル、平均稼働率:3.2ポイント減62.8パーセント。

 ハワイ島以外の全ての島では、前年同時期に比べ増加が見られた。

その他の記事