ハワイ(ホノルル)現地時間
6/22(木)22:34
Vol.29 [04/17~07/16]
ハワイに住む表紙・ハワイで住みたい街5つの共通点
・ハワイ進出の参考書
・隣島の不動産事情 ハワイ島&カウアイ島
・本格的な指圧・マッサージ・あん摩・整体院で「プロフェッショナル」を探す バックナンバー集へ
編集部ブログ
2016.09.22

コンベンションセンター近くの空き地に商業・レストランビル計画

韓国の投資会社がホノルルのハワイコンベンションセンターの空き地に商業用ビルの開発を計画しているという。

およそ1年前に、韓国の投資家によるKapiolani 1700 LLC社が1700&1688カピオラ二ブルバードの14,403平方フィートの土地を購入。

その土地はサンディエゴのCushman Properties LPによっておよそ500万ドルにて売却されており、現在24Hour Fitness近くの駐車場として使用。この取引を代行したホノルル本社のAvalon Commercial 社のTimothy Lee氏によると、1700カピオラニは現在その土地に7,233平方フィートの1階建ての小売店・レストランのビルのための許可審査中だという。

「現在数店の食品、飲料の業者と交渉中。このプロジェクトはパンナムビルの隣で、現在アトキンソンストリートとカピオラニブルバードの角に計画中の234部屋のManaolana Partners LLC社のホテル・コンドミニアムプロジェクト、さらに485部屋のカピオラニレジデンスの反対側になります。」Avalon Commercial 社はChristine Camp氏の Avalon Groupの関連会社であるが、この計画中のプロジェクトのリースと担当している。

この土地は現在高さ制限350フィートであるが、住居用のプロジェクトとしての開発も可能だった。

Lee氏はその付近のレストランビルも担当している。サンディエゴ本社のTrinion Logistics Inc.社はハワイコンベンションセンター近くの1731&1739カラカウアアベニューの空き地を購入。

この土地のビルを現在、農場からテーブルへ、のコンセプトのレストランと寿司店にリースにだしている。

その他の記事