ハワイ(ホノルル)現地時間
2/20(火)23:30
Vol.32 [2018/1/16-2018/4/15]
ハワイに住む表紙・キーパーソンに聞く2018年
 ハワイ経済はどうなる
・今買える超高級ペントハウス
 カタログ
・ハワイに戻ると必ず立ち寄るお店
 大人の女性がリピートしてしまう理由
・指圧・あん摩・整体の
 プロフェッショナルを探す
バックナンバー集へ
編集部ブログ
2016.11.03

10月のオアフの住宅、コンドミニアム販売価格が上昇

先月のオアフの戸建て住宅とコンドミニアムの販売中間価格が上昇したと新しいLocationsのレポートで発表されている。

レポートによると、戸建て住宅の10月の販売中間価格は昨年より3%上昇し、$740,000となり、コンドミニアムは7%の上昇で$397,000。

「2016年の10月はオアフの不動産マーケットにとって、在庫が少ないことと、ホリデーシーズンが近づいていることもあり、大変よい結果となっている。」とLocations社の代表取締役CEOの Scott Higashi氏は書面で語っている。

同レポートはオアフ島の350以上の地域の販売情報から割り出されており、在庫の少ないことが、この競争激しい主な理由だという。

戸建て住宅に関しては、販売物件数は、2015年10月の1,467件から先月は1,332件に9%下がり、コンドミニアム販売物件数は991件から928件へと6%下がっている。

今年は物件も早く売れる傾向にあり、10月の住宅の中間売却日数は21日で、コンドミニアムは22日と、それぞれ昨年と比べて9%と17%の減となっている。

オアフ島では比較的安価な地区である、マキキ、エヴァーカポレイ、ミリラニ、パールシティーーアイエアなども提示価格よりも高い値段での取引が行われている。

Higashi氏は購入を本気で考えている人はホリデイシーズンの間に購入することを勧めている。

「ホリデー気分に意識が集中する傾向にあるため、競争相手が減ると思われる。さらに、バイヤーは年末まで物件探しをすると考えがちだが、比較的素早く購入すると思う。売主は、このホリディシーズンに本気で物件を探している購入者に有利に対応できるはず。」と言っている。

その他の記事