ハワイ(ホノルル)現地時間
2/20(火)17:15
Vol.32 [2018/1/16-2018/4/15]
ハワイに住む表紙・キーパーソンに聞く2018年
 ハワイ経済はどうなる
・今買える超高級ペントハウス
 カタログ
・ハワイに戻ると必ず立ち寄るお店
 大人の女性がリピートしてしまう理由
・指圧・あん摩・整体の
 プロフェッショナルを探す
バックナンバー集へ
編集部ブログ
2016.09.28

新しいシニア住宅がオアフ西部にオープン

オアフ西部に新しいシニア住宅がオープンする。

Ilima at Lehano in Kaporeiは独立した生活と、介護付きの生活、および痴呆介護サポートを提供する。

3階建ての施設は16部屋の個室とアウトドアガーデンが含まれる、84人の住居があり、およそ3.8エーカーとなっている。

アパートはペットとの生活も可能で、410から995平方フィートの広さ。レイアウトはスタジオ、1寝室と1浴室、2寝室と1浴室のタイプがある。アメニティーはフィットネスセンター、フルサービスのサロン、プール、カフェがあり、居住者はアクティビティーにウクレレレッスンや、アートクラス、講演、ゲーム、小旅行、ショッピング、観光などが可能。

「オアフ西部において唯一のシニアリビング施設として、イリマアットレイハノは、住民が楽しんで独立した生活をし、コミュニティー&家族としての安心を提供したいと思う。さらに住民がアクティブに生活できる活気ある環境となっている。」と取締役のMark Tsuda氏は書面で語っている。

この3,000万ドルプロジェクトの建築は2014年6月に開始しており、最近G70からGroup 70 International社と名称変更をした会社がデザインを担当。

イリマアットレイハノは全米に22のシニアリビング施設を持つカリフォルニアのKisco Senior Living社が所有、経営している。

その他の記事