ワイキキの玄関口「ワイキキランドマークタワー」80万ドル台の広々2ベッドルーム物件

ワイキキの玄関口「ワイキキランドマークタワー」80万ドル台の広々2ベッドルーム物件

更新日 2020.10.06

【編集ピックアップ物件】

10月15日から始まる「観光再開」に向けて準備中のハワイ現地から、今日もお届けするハワイ最新不動産情報。

今回「ハワイに住むネット」編集部がピックアップしてご紹介する物件は、ワイキキの玄関口にあるコンドミニアム「ワイキキランドマークタワー」の中層階にある2ベッドルーム物件です。80万ドル台という価格の割に最高のロケーションとクラス感のある広々とした空間が魅力的なユニットです。

ワイキキランドマークタワー #1802
2ベッドルーム&2バスルーム、$825,000

1992年に竣工された「ワイキキランドマークタワー」。90年代らしいインパクトある外観が印象的なコンドミニアムです。カラカウア大通り沿いにアラモアナ方面からアラワイ運河を超えてワイキキに入る場所にあり、まさにワイキキのゲートといった風格です。

ワイキキランドマークタワー ハワイ不動産 コンドミニアム

今日ご紹介するユニットがあるのは18階。室内面積が約137㎡もある広々とした2ベッドルームです。

玄関は両開きドアになっており、入ると広めのホールスペースになっています。

ワイキキランドマークタワー ハワイ不動産 コンドミニアム

 

このホールスペースから両側に短い廊下が伸びており、左へ行くとリビング・ダイニング・キッチンとマスターベッドルームが、右へ行くとセカンドベッドルームがある間取りになっています。外観をよく見ていただくと分かるのですが、外壁が緩やかに丸みを帯びているデザインになっているので、このユニットも円弧と長方形を足したような変形になっています。

ワイキキランドマークタワー ハワイ不動産 コンドミニアム

 

まずは左の廊下を入ったところにあるリビング・ダイニングスペースから見ていきましょう。大きな窓からはホノルルの街の景色と雄大なコオラウ山脈を見渡すことができます。

ワイキキランドマークタワー ハワイ不動産 コンドミニアム

 

写真ではわかりづらいのですが、このスペースはなんと三角形というユニークな形!ゆったりとした空間なので大きなソファやダイニングテーブルを置いても空間に余裕があります。なお、元の設計ではシャンデリアが降りている場所の下がダイニングスペースの想定になっていたようです。

 

ワイキキランドマークタワーにはラナイがあるユニットとないユニットがあるのですが、このユニットにはラナイがばっちりついています。 リビングからは2つのラナイ(ベランダ)に出られます。下の写真の広いラナイはセカンドベッドルームに繋がっています。そして写真左の出窓がある場所がキッチンです。

ワイキキランドマークタワー ハワイ不動産 コンドミニアム

 

室内に戻ってキッチンをのぞいてみるとこんな感じ。新しい高級コンドミニアムではリビング・ダイニングの一角にアイランド型のキッチンがあるのが主流ですが、ここのキッチンは独立型。明るいキッチンには新しい大型の冷蔵庫や食洗機が設置されています。

ワイキキランドマークタワー ハワイ不動産 コンドミニアム

 

そしてリビング・ダイニングの奥にあるのが、マスターベッドルーム。この部屋にも小さなラナイがついており、リビングスペースに繋がっています。

ワイキキランドマークタワー ハワイ不動産 コンドミニアム

 

マスターベッドルーム付属のバスルームは、シャワールームとバスタブが別れており、写真奥の扉の先がトイレになっています。ハワイのコンドミニアムには珍しくトイレは完全個室になります。

ワイキキランドマークタワー ハワイ不動産 コンドミニアム

 

さて、玄関に戻って、短い廊下を右に行くとバスルームとセカンドベッドルームがあります。マスターベッドルームとセカンドベッドルームがリビングスペースを真ん中にして離れているので、ゲストが来てもお互いのプライバシーを十分に守ることができます。

ワイキキランドマークタワーは築年数こそ少しあるものの、高級コンドミニアムとして計画されているため、使われている素材はハイクオリティ。クラス感のある仕様や間取りになっています。この部屋や他の部屋もそうですが、カラースキームが古臭いだけで、窓枠の緑や壁、カーテンの色を変えるとぐっと良くなると想像されます。

ワイキキランドマークタワー ハワイ不動産 コンドミニアム

 

ところでワイキキランドマークタワーの物件には、この物件のような価格帯のものから、びっくりするほど安い売出し価格のものまであります。それは、土地の所有形態フィーシンプル(Fee Simple、FS)と呼ばれる所有権があるユニットと、リースホールド(Leasehold、LH)と表記される借地権のユニットが混在しているからなのです。借地権があると購入費は安いものの、管理費に加えて借地料の支払いが加算されたり、借地期限があったりするのですが、このユニットはフィーシンプルのユニットなのでその心配はありません。

ワイキキランドマークタワー ハワイ不動産 コンドミニアム

 

ジャグジー付きの温水プール、バーベキューエリア、フィットネスセンターなど豪華なリゾートスタイルのアメニティが揃ったワイキキランドマークタワー。24時間のセキュリティと多言語対応のスタッフがいるのも嬉しいですね。
ワイキキビーチやアラモアナまでも徒歩圏内のワイキキランドマークタワーの2ベッドルーム物件、ハワイの別荘としていかがでしょうか?

 

この物件の詳細はこちらから>>

(*リンク先が表示されない場合、売約済またはステータス変更が考えられます)

 

ワイキキランドマークタワーの詳細はこちらから>>

 

ワイキキの同価格帯の物件情報はこちらから>>ハワイの売り出し中不動産物件、ワイキキ、70万ドル〜1ミリオン

 

アラモアナ・カカアコの同価格帯の物件情報はこちらから>>ハワイの売り出し中不動産物件、アラモアナ・カカアコ 70万ドル~1ミリオン

 

※こちらの情報は2020年10月6日現在の売り出し中物件の情報です。物件情報は常に変わる可能性があります。

関連キーワード

合わせて読みたい記事

各カテゴリーのお知らせを見る

不動産会社・
エージェントにお問合せ
閉じる