ハワイのおしゃれなインテリアショップ「LALANA」で叶えるトータルコーディネイト!成功のポイントをインタビュー 

更新日 2022.07.14

 

ハワイのおしゃれなインテリアショップ「LALANA (ララナ)」

日本人好みのシンプルでシックな家具が充実したインテリア・セレクトショップ「LALANA」をご紹介します。

日本でも多くの住宅や別荘・店舗などのインテリアを長年手掛けてきたLANANAデザイナーチームがハワイに出店してきたのは2020年のこと。早くもハワイのハイエンドな新築コンドミニアムのインテリアデザインの指名が増えるなど、人気と存在感が高まっているショップです。


ショールームにはソファーやベッド、ダイニングセットなどの大きな家具に加えて、ベッドサイドテーブルやランプ、アクセントチェアなど単品の家具、さらにウォールアートやインテリア小物類なども充実しています。

商品はアメリカ本土、イタリア、タイなど世界から厳選。ハワイでは他のお店で見ることのないここだけの商品も多く取り扱っています。デザインだけでなく、機能性やクオリティの高さもお墨付き。LALANA社が約20年にわたる取引の中で信頼できると判断したメーカーの商品ばかりとなっているので安心できます。

 

ショールームの場所は、家具やキッチン、建材などのショールームや会社が集まるナ・ラマ・ククイ・デザインセンター1階。アラモアナショッピングセンターから10分ほどのホノルル空港寄りにあり、大型駐車場も完備でいつでも気軽に立ち寄れます。もちろん日本語でのご相談が可能です。

ショールームは10:30~17:00まで
(水・日・祝休み ※休日もアポイント制で対応可)


 

ハワイのご自宅や別荘をトータルコーディネイト

ハワイは実はおしゃれな家具を探すのがとても難しい場所。というのも、離島のため輸送コストや保管コストがかかる大型商品を展示している家具店がそもそも少ないのです。「ハワイには配送不可」というECサイトも多く、届いてみたらイメージや色が写真と違うなど、家具探しの苦労は尽きません。
 
そんなハワイの事情を踏まえて、LALANAのデザインチームは、家具をご購入されるお客様に向けて、図面やご予算を伝えれば、無料で下のようなインテリアコーディネイトプランをご提案してくれます。

インテリアデザインのご提案はお部屋全体、または一部屋からでも可能で、通常の家具屋さんではやってもらえない一歩踏み込んだサービスとなっています。


LALANAが得意とするのは、ホテルのようなシンプルモダンなテイスト。ハワイの雰囲気や気候に寄り添う、自然の素材・エコロジカルな素材を使ったアイテム選びのセンスの良さには定評があります。


そして、そこにそれぞれのオーナーの好みや個性を反映させるようなアクセント家具やアートを加えて完成させるのがLALANAスタイルです。


【実際の納入事例】

 

素敵なインテリア実現のためのポイント

LALANAのTomoさんにハワイの自宅や別荘に、素敵なインテリア空間を作り上げるためのポイントを伺ってみました。

 

トータルコーディネイトできるタイミングを逃さない

Tomoさん: 
新築での入居時やリノベーションなど、お部屋やエリア全体をデザインできるタイミングを逃さずに、お好みのスタイルに向けて早めにご検討をされることが大事だと思います。

実際に新築や大規模リノベーションに合わせて、弊社にご依頼下さるお客様からのご相談が多いですね。

 

やはり、手持ちの家具がたくさんある状態からでは、色調や素材感などを含めて、まとまりのある雰囲気を作り出すのはなかなか難しそうです。
 

納期の目安は入居から逆算して約6~8ヶ月ほど

Tomoさん: 
納期・スケジュールは、商品優先なのか・納期優先なのかで変わってきますが、新築コンドミニアムの場合、納期の目安は入居から逆算して約6~8ヶ月ほど(時期により変動致します)。 

デザインの打ち合わせのやりとりから決定まで1-2ヶ月、発注して6-8ヶ月後に納品というのが最近の状況です。
 

最近の運輸事情で少し納期が伸びる傾向にあるとのことで、以前よりも余裕のあるスケジュール組みがポイントです。

難しいのが中古の売出し物件を購入されたパターン。すぐに住み始めたい、新しい家具がすぐにほしい!となると難易度が高くなります。が、在庫がある商品や、短納期の商品の中からご提案することも可能なそうですので、まずはご相談してみてください。

 

図面はインテリアイメージ図からでなく、寸法からプランニングするのがお勧め

さらにインテリアデザインのプロならではのアドバイスも。

Tomoさん: 
コンドミニアムの売出しの際の広告に使われるパースや3Dレンダリングでは、少々小さめな家具をレイアウトしているケースがあります。なので、実際に欲しい家具の寸法で間取りに落とし込み直す事が重要です。

そうすると、購入したら家具が思ったよりも大きくて「部屋が家具でぎっしり埋まってしまった」とか「大きなソファを入れたら、ダイニングの椅子を引く空間が足りない」などの失敗が起こりづらくなります。

我々はお客様がお部屋で快適に使いやすいように、実際の図面から実寸のスケールで家具を配置したデザイン図を起こします。その上で動線や使い勝手なども踏まえて、デザインや商品選びのご提案をしています。
 


また、空間を広く有効に活用できるデザインもLALANAの得意分野です。日本人にフィットした通常より少し低めのダイニングセット(約10センチほど低いもの)を使ったり、カウチとダイニングで共用できるような家具のセットをご提案に組み込むなど、暮らしやすいスタイルを作り出します。

 


また日本人の方からは「べッドルームに2台のベッドを入れたい」というのもよくあるリクエスト。ただし、ハワイのコンドミニアムのベッドルームで、2台のベッド+ナイトテーブルを入れようとすると、アメリカのFULLサイズ(W134cm/W53inch)では2台入らず、TWINサイズ(W96cm/W38inch) だと細すぎて、ゆったり眠れません。

そのため、 LALANAではアメリカでは販売していない日本のセミダブルサイズ(W120cm/W47inch)のベッドフレームを特別にご用意しています。また日本人好みの固めのマットレスを取り扱っており、日本人のお客様に喜ばれているそうです。

 

参考価格帯は?

参考までに1ベッドルームのコンドミニアム全体の家具を納入した場合の価格帯をお伺いしてみたところ、物件サイズや家具のセレクトにより、2万ドル台~5万ドル台位でご提案が可能とのこと。

ハワイの別荘としてのご利用頻度や、ご家族構成、ライフスタイルなどの条件を伺って、松竹梅のような3パターンでのご提案も可能だそうです。

 

不在時の納入完了も

また、日本在住のハワイ不動産オーナーの方に嬉しいサービスとして、不在期間中に、LALANAが不動産管理会社などと連携して、配送手配、開梱、設置、ゴミの回収まで一気通貫で引き受けておられます。また、壁や床など内装工事などもリクエスト可能です。

次にハワイに来たら、理想のハワイのおしゃれな別荘がインテリア含めてベストな状態であなたを待っている、というわけです。


新築コンドミニアムの購入や、古くなったコンドミニアムの全面リノベーションなどをお考えの方は、ぜひチェックしておきたいインテリアショップ「LALANA(ララナ)」です。

お問い合わせはこちらから!


関連キーワード

各カテゴリーのお知らせを見る

不動産会社・
エージェントにお問合せ
閉じる