「トランプホテル」のおすすめ売出し物件をご紹介 稼働率が大きく回復!(ファミリーハワイリアルティ)

更新日 2022.10.18

ファミリーハワイリアルティよりおすすめのハワイ別荘物件、トランプタワーのラクジュアリーなスタジオユニットをご紹介する。所属不動産エージェント・カン未枝さんに、その尽きない魅力をインタビューした。

トランプインターナショナル・ホテル&タワー・ワイキキビーチウォーク #912

まずはこちらの動画をご覧いただきたい。 

カンさん: 
トランプタワーはパンデミック後、稼働率も以前に近いレベルまで復活しているそうで、ホテルにも賑わいが戻っています。

わたしもたくさんのハワイ不動産物件を見てきましたが、このトランプタワーは日本人の方にとってはやはり特別な魅力があるホテルレジデンスだと思います。


まず、ロケーションの良さ。ビーチまで徒歩1分という近さは何と言っても魅力です。

フロントの方などスタッフに日本語を話す人が多く、日本人の方がステイして言葉の問題で困ることはほぼありません。

そして、どのお部屋もホテルのスタッフによってクリーニングされているため、お部屋の清潔さ、メンテナンスの良さには定評があります。いつオーナー様が戻ってきても最高の状態で出迎えてもらえる、その安心感はさすが5つ星ホテルのおもてなしと言えます。

また周辺にはロイズ、ルースクリス、BLTステーキハウス、とんかつ梅林、アランチーノなど徒歩圏に人気レストランが集まっていて、長期滞在しても飽きることなく、食べ歩きが楽しめるエリアです。
 


ここでもうすこし、インテリアや仕様などをご紹介していこう。
五つ星レジデンスにふさわしい高級感溢れるインテリアが印象的なユニットの室内面積は約52m²の広々としたスタジオ物件。本来なら1ベッドルームでも充分な広さを贅沢に使用している。

キッチンが斜めに配置された奥行きのある変形レイアウトで、実面積以上に広く感じられる。

ハワイ 不動産 コンドミニアム

 

ゆったりとした室内には、ベッド、ソファ、オフィスデスクなど、必要な家具が備わっている。

ハワイ 不動産 コンドミニアム

カンさん:

このお部屋は、ダイヤモンド側で、最も広いスタジオタイプです。ゆったりサイズのベッドが2台入ったユニットになっています。アメリカのリゾートホテルではこの広さですと大きなキングサイズベッド1台となることが主流ですが、こちらのトランプタワーのユニットでは日本人のお客様からのリクエストの多い2台ベッドのレイアウトで、ゆっくりお休みになれます。



パーシャルオーシャンビューを望めるラナイ(ベランダ)は7㎡とゆったりと広さがあり、ハワイの風を感じながらリラックスして朝ごはんを楽しむのにピッタリ。お隣のホテルのプールデッキやパームツリーなどラナイからの景色もリゾート感があり、抜けがいい。

ハワイ 不動産 コンドミニアム​    ​

 

こちらはスタジオの一角にあるキッチンの様子。コンパクトながら2口の電気コンロや電子レンジが設置されている。
 

カンさん:
コーヒーメーカーやお皿、調理器具などのキッチン用品も完備されていて、お二人での滞在ならば、ちょうどよいサイズ感ではないでしょうか。買い出しを楽しんで、食べ慣れたものを作って・・・とホテルの一室でありながら暮らすようにハワイステイをたのしんで下さい。

ハワイ 不動産 コンドミニアム​    ​

 


そして、何と言って日本人に嬉しいのが日本式の深いバスタブや洗い場、またTOTOウォシュレットを備えたバスルーム。 

ハワイ 不動産 コンドミニアム

ハワイ 不動産 コンドミニアム



ハワイの普通のホテルではバスタブの中でシャワーを浴びる式のところが多い。日本のような深いバスタブとシャワーの使える洗い場が隣り合って構成されたバスルームは非常にレアで、日本人にとって嬉しい仕様にデザインされている。また全面に使われた大理石パネルがスパのような高級感で、ついてくるアメニティは高級スキンケアブランドのナチュラビセのものを利用。

 

カンさん: 
高品質のマテリアルがふんだんに使われている室内、また日本人好みにデザインされた数々の仕様は、上質さを求める方にもご満足いただけると思います。

ワイキキ周辺にホテルやホテル・コンドミニアムは数々ありますが、ホテル暮らしのようなおもてなしやアメニティ、メンテナンスやクリーニングのクオリティなど要素を考えていくと、やはり最終的にトランプタワーとリッツ・カールトン、この2つのホテルレジデンスは日本人の好み、ライフスタイルにマッチしているという点で別格だと思います。

一軒家の別荘を購入するほどの投資や手間はかけられないけれど、好きな時に使えて、使わない時は貸し出せるハワイのセカンドホームが欲しい、という方にはピッタリです。




だが、モダンで洗練された印象なのはさすが「トランプホテル」といった感じ。必要なものが全てそろっており、ワイキキで上質な暮らしを楽しむのにぴったりのレジデンスだ。

 

この物件の詳細はこちらから>>

(*リンク先が表示されない場合、売約済またはステータス変更が考えられます)

 

トランプタワーの詳細はこちらから>>

ファミリーハワイリアルティへのお問合せはこちらから>> 

※2022年10月5日現在の売り出し中物件の情報です。物件情報は常に変わる可能性があります。

関連キーワード

各カテゴリーのお知らせを見る

不動産会社・
エージェントにお問合せ
閉じる