ハワイのお墓は日本からも購入可能 「バレー・オブ・ザ・テンプルズ」大好きなハワイを永眠の地に

更新日 2021.10.05

“ 世界で最も美しい霊園 ”と呼ばれる
「バレー・オブ・ザ・テンプルズ」

ワイキキから車で約30分、オアフ島東側のカネオにある霊園「バレー・オブ・ザ・テンプルズ」。コオラウ山脈の山ふところに抱かれたこの霊園は、年間を通して緑と花があふれ、ハワイの海や青空が広がり、”世界で最も美しい霊園”と呼ばれている。

まずはこの霊園のご紹介ビデオから。

この「バレー・オブ・ザ・テンプルズ」は、日本からもオンライン見学ができ、オンライン手続きだけで購入をすることも可能となっている。エターナル・リゾーツ・ハワイの花水 恵美(ハナミズ ・エミ)さんが日本語で案内をしている。
 

日本から渡航せずに購入可能!
自分らしさを大切に準備するハワイのお墓事情とは

ハワイのお墓=”自分のために生前購入、準備しておくもの”

まず、恵美さんにお伺いしたのは、日本とハワイの「お墓」に対する考え方の違いについて。

恵美さん:
日本ではお墓というと先祖代々引き継いで維持していくもの、という認識をお持ちの方が多いと思います。そしてお墓を持っておられない親御さんが亡くなられた場合は、お子さんがお墓をご用意されるケースが多いのではないでしょうか。その理由として生前にお墓を購入すると、その時から維持費がかかってしまうからです。

ハワイの永久管理霊園は二通りあり、1つは土地のみを管理する霊園と、もう1つは土地の管理と墓守もする霊園があります。バレー・オブ・オブ・ザ・テンプルズでは土地を管理し墓守もしています。そして、初期費用に含まれる永久管理費を支払うことで、年間管理費が一切かからないために、日本と違い、ご自身のために元気なうちからお気に入りの永眠場所としてお墓を購入することが可能です。また土葬の習慣が長かった事もあり、先祖代々のお墓に一緒に納骨するというよりもといった重いものではなく、お一人やご夫婦などの単位のお墓を選ぶ方が多いですね。 
 

日本とハワイで分骨や記念碑として購入できて「気兼ねなく永眠」


日本に先祖代々のお墓がありながら、ハワイにもご自身で選んだお墓を購入して分骨したい、という方も年々ふえているそうだ。 

恵美さん:
日本の代々のお墓の場所はご自身では選ぶことができない方が多いので、「大好きなハワイに分骨したい」という理由で生前購入される方も増えています。いろいろなしがらみから開放されて気兼ねなく永眠できる場所を持つことで、心の安らぎにもつながり、そしてハワイでの永眠を楽しみにされていらっしゃいます。

また最近では、実際に納骨せず記念碑として購入される方も増えていますね。そしてハワイのお墓への生前お墓参りにもいらっしゃる方、さらに将来ご家族がハワイ旅行に来られた際に立ち寄る場所があるというのでご本人そしてご家族の方にも喜ばれています。

じつは、恵美さんご自身がすでに、「バレー・オブ・ザ・テンプルズ」にご夫婦でのお墓を購入済みだそう。墓石には普通、逝去日を印すものだが、恵美さんご夫婦は変わることのない結婚記念日を刻んでいるそうだ。まさにご夫婦の人生のメモリアル。


墓石の彫刻デザインはすでにあるデザインからで選ぶことも、自分の人生のストーリーを描くカスタムメイドのデザインも可能だそう。(カスタムの場合、追加料金がかかる)

 

墓守がいなくても大丈夫!霊園が責任を持って永代供養

また、前に述べたように「バレー・オブ・ザ・テンプルズ」は土地の管理と墓守もする永久管理霊園。日本のように合祀されることのない霊園による永代管理となっていることが特長だ。またどんな居住地や宗教を問わず世界中の方を受け入れておられるそうだ。

恵美さん:
シングルの方や、お子さんのいないご夫婦、またはお子さんに墓守の負担をかけたくないと思っておられる方は、当霊園の永久管理の仕組みを聞いてご安心される方が多いですね。

また「バレー・オブ・ザ・テンプルズ」は永久管理霊園として登録されており、管理費は信託口座で保全されています。いろいろな意味でしっかり守られた霊園となっています。
 

日本からオンライン見学・クレジットカード購入できる気軽さ

パンデミックになってから増えているのがオンラインでの霊園見学だそう。フェイスタイムやZOOMなどで、実際に霊園の様子や、墓地の区画などをご覧になって日本にいながらにして購入する方もいらっしゃるという。

恵美さん:
ハワイのお墓購入の手続きはとてもシンプルで、パスポートや運転免許などで本人確認の上、契約書などもオンラインの電子署名ツールを利用して、ハワイに渡航せずに購入可能となっています。 

お墓の価格は場所によって変わりますが、日本の方に一番人気があるのはお一人あたり50-100万円ほどの価格帯のお墓です。日本からの購入者の方はほとんどがクレジットカードで決済されています。マイルも貯めて、また次のハワイ旅に利用されていますね(笑)。

1回~1年以内の支払いですと金利がお得になります。最長5年までの分割払いも可能です。

そして、もしもオンラインで購入された後でも、ハワイで現地を見た際にもっと気に入る場所があった場合には、変更も可能です(アップグレードの場合のみ)。
 

相続税対策の1つとしても人気 

そして意外と知られていないお墓は遺産の対象とならない 、ということ。
恵美さん:
お墓は遺産の対象となりませんので、ご遺族が相続したお金で亡くなった方のお墓を買われるよりも、生前にご自身で購入しておくほうが相続税対策になります。

前述の墓守の件もですが、当霊園を購入される方の多くがお子さんに迷惑をかけたくないというお気持ちを持っておられるので、みなさん生前購入されています。 


 

恵美さんおすすめのお墓について

ここで、恵美さんにおすすめのお墓を実際にご紹介していただいた。
下記の価格は諸経費【墓地代、永久管理費、墓石代、彫刻費、骨壺代、埋葬費、手続き費、税金(墓地代と永久管理費にはかからない)】が含まれるそうだ。

2021年9月末まで墓地代15%割引き、商品とサービスは20%割引きを実施中とのこと。(価格は変更の可能性があり)
 

1名用 ハイビスカスとホヌ

サイズ(幅20.32㎝x奥行き25.40㎝x高さ45.72㎝)
彫刻可能なスペース(縦16.5㎝x横18㎝) 

コオラウビュー区画 完売

オーシャンビューテラス区画 $10,449.61 (残りハイビスカス2基 ホヌ 1基)

1名用シングルコア

サイズ(幅25.40㎝x奥行き25.40㎝x高さ45.72㎝)   
コオラウビュー区画 完売
オーシャンビューテラス区画 $9,743.48から$15,013.48 (残り64基)

2名用コンパニオン

サイズ(幅45.72㎝x奥行き25.40㎝x高さ45.72㎝)    
コオラウビュー区画 $12,871.31(残り2基)
オーシャンビューテラス区画 $18,821.31から $32,676.31 (残り 32基)

2名用壁納骨堂

サイズ(縦29.21㎝x横29.21㎝x奥行き55.88㎝)    
オーシャンビューテラス区画のみ $13,972.94から

平等院の散骨ガーデン

埋葬権利費$850+永久管理費$75=$925(税金も手続き費もかからない。15%オフは適用不可)。ネームプレートを貼っている岩の後ろが散骨ガーデンとなる。 下の写真は平等院からのパノラマ写真。

 

ネームプレート

サイズ(25cmx10cm)の価格 $1,585(プレート)x15%off+$95(設置費)$75(手続き費)+$71.49(税金)=$1,588.74

日本から購入方法のまとめ

上記でご紹介したハワイでのお墓購入の手順をここでまとめてご紹介。
すぐにハワイへお越しになれない方でもオンラインで手続き可能となっている。

ハワイのお墓購入の手順

1.お客様のパスポートや運転免許証のコピーの提示
2.ライン、スカイプ、Facetime、ZOOMなどでお墓の場所、価格、景色などをご案内(同時に質疑応答)
3.お客様がご希望のお墓を選択
4.当霊園が契約書一式を作成し、支払いの手続きをした後にDocuSignよりメールでお客様に送信
5.お客様がDocuSignを使ってサインをして頂き、契約書一式を当霊園に返信
6.契約書一式のコピーをお客様へ郵送
7.お支払いが完済した時点(分割払いが可能です)で、埋葬権利書と商品とサービスのオーナシップ証明書が発行され、その書類を日本語の翻訳と一緒にお客様へ郵送
 

ハワイのお墓購入の支払い方法

お支払いはビザ、マスター、アメックスのクレジットカードが使用可能。下記の支払い方法から選択。

●一括払い
●20%の頭金と3回の月賦払い(金利なし)
●10%の頭金と12回、24回、36回、48回&60回の月賦払い(2.9%の金利)ただし、一回の支払い額が25ドル以上。
 

いかがだっただろうか?大好きなハワイでご自身の永眠場所を探したい、と思われた方はぜひエターナル・リゾーツ・ハワイの花水恵美 (ハナミズ・エミ)さんまでお気軽にご連絡を。

関連キーワード

各カテゴリーのお知らせを見る

不動産会社・
エージェントにお問合せ
閉じる