【動画付】「ワン・アラモアナ」最上階グランドペントハウス2ユニットをセットで#2300 &#2302 スターツハワイの売出し物件

更新日 2024.02.06

【動画付き:ハワイに住む編集部 ピックアップ不動産物件】今日はホノルル市内でもめったにないウルトララグジュアリーな売出し物件情報ご紹介します。なんとあの「ワン・アラモアナ」グランドペントハウス2ユニットがまとめて売り出しになりました。動画も含めてぜひじっくりとご覧ください。

ワンアラモアナ グランドペントハウス 
#2300 & #2302 (2ユニットあわせて)
6ベッドルーム/6.5バスルーム/6パーキング 
$22,500,000

まずは圧巻のその広さやビューを動画でどうぞ! 

「ワン・アラモアナ」と言えば、2012年に売り出しとなった際に、販売開始後わずか29時間で全戸完売という異例の人気を誇ったという伝説が残っているコンドミニアムです。



今回のユニットはそのワンアラモアナに4つしかないグランドペントハウス、そのうちの隣り合った2ユニットがセットで売り出されているという希少な物件です。
 

レイアウト図の下が海正面、上が山側に向いています。向かって左の2300号室は3669スクエアフィート、2302室は4069スクエアフィート、2ユニットを合わせると7738スクエアフィート(718㎡)という広大なスペースです。

現在は、2300号室はオーナーのゲストハウスとして、また2302号室は賃貸に出して収入を得ているとのこと。
また真ん中の壁を取り払って、二つをつなげて一つの大きなユニットとしてリノベーションすることも可能だそうです。

また後ほど詳しくお伝えしますが、このユニット、特筆すべきポイントがグランドペントハウスからの専用階段でのみアクセスできる広大なルーフトップバルコニーが2ユニット分ついています。


別荘や投資物件としてはもちろんのこと、保養施設やエクスクルーシブなサロンなど、さまざまな使い方の可能性がある希少物件です。


まずは2300号室から。

玄関を入ったところには大きなワインセラー

壁一面のワインセラーのある玄関を抜けて、リビングへ踏み入れるとこの景色がお出迎えです。
グランドペントハウスだけに天井高も3メートル以上あり、窓から天井までの窓の高さ、そして景色の広がりも圧巻です。



低層のアラモアナセンター越しの景色であるため、遮られることなく素晴らしいビューがこれからも楽しめる可能性が高いこともプラスです。 



リビングには10名以上座れる大型のセクショナルカウチを配置。この広さあってこそ、といえる大型の家具の数々が空間に映えます。


キッチンの裏にはダイニングスペースが設けられています。リビングルーム内にもダイニングセットや、キッチンのカウンターダイニングに加え、お客様をお招きしてのきちんとしたディナーはこちらでどうぞ。

ダイニングスペース

こちらはマスターベッドルーム。 アラモアナビーチパークやマジックアイランド方面が見える素晴らしい空間です。 

 
メインのバスルームはオーバル型の大きなバスタブ、そして2つのシャワーを備えたシャワーブース。

こちらはもう一つの山側にあるバスルームです。こちらもバスタブ完備、ホテルのスパルームのように素敵なバスルームとなっています。

  

そしてもう一つの2302号室も少しご紹介します。こちらは現在、テナントが賃貸で借りているため、少し生活感のあるお写真となっています。



またこちらが前述したグランドペントハウス専用のルーフトップバルコニーです。

現オーナーが開発時に2ユニットまとめて購入されたため、両ユニット区画の仕切りなども作られていません。ホノルルでは、ルーフトップを共有アメニティにしていたり、逆に開放していないコンドミニアムも多い中、この素晴らしい景色を独占できるのはプレステージです。

パーティやイベントを開けるようなジャグジーやラウンジエリアを作ったりと、この広いラナイまで含めて新オーナーがどのように活用するのか、夢が広がります。別荘として、ゲストハウスとして、また賃貸物件としても、可能性は無限大です。
 

竣工は2014年。ホテル以上に充実のアメニティが盛り込まれ、緑豊かなガーデンはいつも管理が行き届いています。アラモアナという巨大商業施設の中とはにわかに信じられないオアシスのような静謐な空間を作り出しています。

コンシェルジュやセキュリティも万全です。この二つのグランドペントハウス専用のエレベーターが付いており、5階駐車場からロビー階を通らずに直通でこのフロアに上がってこれるという完全なプライバシーを保てる作りです。

プールやジャグジー、BBQテラスなど
シアタールーム


アラモアナセンターに直結という過去に例のないロケーションと都心の利便性を存分に取り込みつつも、低層の4階建てのモール越しに遮るものの少ない壮大なオーシャンビューというコンビネーションが最高な「ワンアラモアナ」。

「パークレーンアラモアナ」と同じ開発業者コバヤシグループとザ・マックノートングループが、ハワードヒューズコーポレーションと共同開発したプロジェクトとして、確かな実績に裏付けされています。

この物件の詳細はこちらのリンクから!
(物件登録が1ユニットずつしかできないため、表記は3ベッドルーム・3バスルームとなっていますが、実際の売出しは2ユニットまとめて、6ベッドルーム、6.5バスルームです)


(*リンク先が表示されない場合、売約済またはステータス変更が考えられます) 

 

22.5ミリオンというウルトララグジュアリーな物件にご興味をお持ちの方は、スターツハワイの代表、畑華子さんまでどうぞ。


 

※この情報は2024年2月2日現在の情報です。掲載されている物件の価格などは常に変わる可能性があります。

関連キーワード

各カテゴリーのお知らせを見る

不動産会社・
エージェントにお問合せ
閉じる